BBB(トリプルビー)の成分は?【女性向けHMBサプリ】

スタイルアップとダイエット向けの女性向けサプリメントであるBBB(トリプルビー) なぜ、BBBのサプリメントでスタイルアップが可能になるか気になりますよね。BBBの成分はHMBとクレアチンを中心にダイエット成分、美容成分まで豊富に配合しているからなんです。

でもHMB…クレアチン…なんてあまり聞いたことのない成分だなと思いますよね。どんなにいい成分でも中身をよく知らないと、自分がどんな成分を飲んでいて、どのようにすれば効率よくダイエット&スタイルアップできるのかわかりませんよね。

今回は、BBBに含まれている成分の特徴について細かく紹介していきます。

BBB(トリプルビー)の成分

BBB(トリプルビー)の成分は、大きく分けると筋肉アップしてスタイルをよくする成分、ダイエットに関わる成分、美容に関わる成分に分けられます。人気があって効果が確かな成分が多く含まれているので、それらの成分の概要についてチェックしてみてください。

筋肉サポート成分

 
 HMB
HMBは、栄養不足や筋トレで筋肉が破壊されたときに分解される筋肉を防ぐ役割をします。筋肉の分解を防ぐには、BCAAやクレアチン、プロテインなども効果があるのですが、HMBはその中でも一番効率がいいんです。

BCAAも筋肉の分解を保護する役割としては優秀なんですが、大きな違いはクレアチンとの相乗効果。HMBが一番クレアチンと相性がいいので、筋力をアップしつつ分解を防ぐにはうってつけなんです。

HMBのいいところは、「筋トレなんてしたことがない」という初心者の方が効果が高いところです。しっかりと筋トレを何年も続けている人よりも、これから筋トレを頑張る!という人の方が筋肉量が増える率が高いことが実験でわかっているのです。

 クレアチン
クレアチンは簡単にいうと筋肉の最大値を上げてくれる役割をするんです。人間のエネルギー源としては、糖や脂肪が必要というのは有名です。しかし、強度の高い筋力を使うような運動には「クレアチンリン酸」がその役目を果たします。そう!筋力を上げるためにはクレアチンが多い方がパワーを発揮しやすいんです。

サプリメントは効果を実感しにくいとよく言われますが、クレアチンは確実にパワーをつけるので、他のサプリメント成分に比べて効果を実感しやすいという特徴があるのでダイエットやスタイルアップでも効果を実感できないと続けられないという人でも飽きずに続けることができるかもしれません。

 BCAA
BCAAは、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という必須アミノ酸の総称です。これらすべてを含めてBCAAと呼んでいるのです。BCAAの役割は、HMBとほぼ同じで、運動後の筋肉の分解を抑制するので筋肉が減ってしまうのを防いでくれます。

また、疲労回復、集中力アップなどの作用もあるため運動前に摂取しておくと筋肉痛が軽減したり、疲労を明日にもちこさないためトレーニング時には必ず摂取しておきたい栄養素です。

 クエン酸
クエン酸はレモンなどの酸味がある食べ物に含まれていることで有名です。クエン酸は体に摂取された食べ物をエネルギーに変える際に重要な成分でクエン酸があることで体内のブドウ糖を完全燃焼させることが可能です。それによって、疲労回復、肩こり、筋肉痛の予防、血流の改善、美肌などに効果があるとされています。

 オルニチン
オルニチンはしじみやマグロなどに多く含まれる栄養素で肝臓や腎臓、筋肉の働きをサポートする成分として知られています。肝臓の解毒機能をサポートするため二日酔いの防止や朝の目覚めによいという作用が有名ですが、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるため筋トレを行うと筋肉増強効果を望むことができます。

 L-アルギニン
アルギニンは筋トレをしている人がよく飲んでいる栄養素で、エナジードリンク、ダイエットサプリ、アスリート向けサプリなどの多くの製品に配合されているので知っている人も多いでしょう。アルギニンの効果としては、成長ホルモンの働きを促進する、筋タンパクを合成促進する効果、免疫力を高める効果、血流改善効果などがあります。

 イミダゾールペプチド
最近注目の成分がイミダゾールペプチドです。鶏の胸肉、マグロやカツオなどに含まれる栄養素で抗酸化作用によって疲労回復に絶大な効果があるとされています。サプリや栄養素について懐疑的な研究者でもイミダゾールペプチドの効果については認めているという人も多くいます。

 

ダイエット成分

 ブラックジンジャー
ブラックジンジャーは原産国のタイではクラチャイダム、日本では黒ショウガとも呼ばれています。精力増強、滋養強壮効果が高くアルギニンを豊富に含む他、糖質を効率よく消化する働きをサポートするため体内の余分な脂肪が燃焼しやすい太りにくく痩せやすいボディへ近づけてくれるのです。

 コエンザイムQ10
コエンザイムQ10はもともと人間の体内に存在する物質ですが、20歳を超えたあたりから徐々に減少し体内に少なくなることでエネルギーを作り出せなくなり痩せにくい体になるといわれています。

コエンザイムQ10を体外から補給することで体内に摂取された栄養素がエネルギーに変わりやすくなり運動を行うと疲れにくくなる上に、エネルギーの効率がよくなるので痩せやすい体になるのです。

 Lカルニチン
Lカルニチンは、牛肉の赤身、羊肉などに多く含まれる栄養素で脂肪を燃焼しエネルギーに変換するミトコンドリアへ脂肪を運ぶ役割があります。脂肪の燃焼に有効な成分として、20年ぐらい前ですがブームになってジンギスカン鍋なども大盛況になってことがあります。Lカルニチンには、ダイエット効果の他にも疲労回復、心肺機能を高める、生活習慣病の予防、内臓肥満を防ぐなど様々な効果があるとされています。